春夏メンズファッション着こなし

春のメンズファッション基本アイテムは?

パーカー

冬の間はコートやブルゾンを着ているので、そんなにファッションセンスが周りの人の印象に残るということはありませんが、春になると薄着になるため、ファッションセンスに気を使う必要がでてきます。男性の場合、普段スーツを着ている人は特にカジュアルな服装になるとコーディネートに悩む人が多いようです。春のメンズファッション基本でおすすめなのは、パーカーです。シャツやTシャツの上にパーカーを羽織れば、体系をカバーすることもできるので、痩せすぎを気にしている男性でもOKです。また、パーカーを選ぶならグレーがおすすめです。グレーという色は、どんな服装にも合わせることができます。下に来ているTシャツやシャツの色が何色でも上手にカラーコーディネイトできますし、パンツもジーンズやチノパンなど、いろんなタイプのものに合います。少し肌寒いような日には、その上にジャケットやブルゾンを切ることもできるので、パーカーはとても便利なアイテムです。春になるといろいろな色のパーカーがユニクロなどの量販店にも並ぶように、春のメンズファッション基本として人気があるのがわかります。同じパーカーでも、前のファスナーが全部開くタイプと、上から被るタイプがありますが、ファスナーが全部開くタイプのほうが、いろいろなインナーに合わせられるので便利かもしれません。ファッションセンスに自信がある人は、いろいろなオシャレに挑戦するのもいいですが、毎日制服を着ていた高校生から、大学生や社会人になったオシャレ初心者には、パーカーは春のメンズファッション基本アイテムとしてオススメです。ZIPパーカーの着こなしテク

Tシャツの上手な着こなしポイントは?

Tシャツコーデ

※写真はメンズスタイル

 

Tシャツは夏だけでなく、1年を通して着るファッションアイテムですね。夏場は特に、Tシャツだけで過ごす人も多いと思いますが、Tシャツにジーンズといった同じファッションをしていても、Tシャツの上手な着こなしをしているかどうかで、ファッションセンスの違いが出てしまいます。では、Tシャツの上手な着こなしをするにはどうしたらいいでしょうか?まずは、Tシャツの選び方にポイントがあります。プリント柄のTシャツは個性が出やすいアイテムなので、ファッションセンスを主張するにはいいのですが、オシャレ初心者の場合、自分よがりの主張をしてしまうこともあるので、慎重な柄選びが大切です。Tシャツの色も重要です。いろいろな色のものが売っているので、ビビットなカラーのTシャツもいいのですが、白や黒といった色の場合は、夏以外の季節の重ね着アイテムとして、色を合わせるのが楽ですから重宝します。Tシャツを選ぶときは、この柄と色を重視して選ぶことが多いと思いますが、素材も大切です。素材が違うと着心地が全く違いますし、品質も違ってくるので、選び方を間違えると値段が高いものでも色落ちしやすかったり、エリが伸びやすくなったりします。また、オシャレ初心者の人はあまり気にしたことがないと思いますが、実はTシャツにはいろいろな形があります。ブランドやショップによってウエストが細くなっているものや、肩幅が狭くなっているタイプなど、微妙な形の違いがあるのです。そのため、自分の体形に合った形のものを選ぶことが、Tシャツの上手な着こなしのポイントにもなります。